散開星団や球状星団などについて演習をした

星などについて探究しました。100〜1000個の案外少数な恒星の群れを散開星団といいます。散開星団はそれほど若い恒星の群れで、初々しい星団ではくどい星距離物体をともなってあることが多いです。 また、天の川(銀河ところ)に沿って分布していることから、銀河星団ともよばれています。散開星団としてはおうし座のプレヤデス、カニ座のプレセペなどが知られています。直径100光年ほどの空間内に、数値十万〜数百万個の恒星が球状に林立した星団を球状星団といいます。球状星団は散開星団と異なり、星距離物体をおそらくともなわず、クラスが100億時程度の年老いた恒星の群れだ。また、球状星団は銀河ところから離れたところにも分布しています。各種星団のHR図形を見ると、プレヤデスやプレセペのような散開星団はほとんどが主システム星からなり、寿命の少ない明るい恒星だけが主システム星から離れ取りかかりいます。知らないことを知れて良かったなと思いました。

散開星団や球状星団などについて演習をした